新記録達成!!おかげさまで年間問い合わせ数110万件突破
ユンボ(バックホー)の出張買取
ユンボ

私たち「出張買取24時」はあらゆるメーカーのユンボ(バックホー)を、どこにも負けない査定額にて、超高額買取をしております!

お客様のお手持ちのユンボ(バックホー)で、

「保管場所に困ってしまったのでユンボ(バックホー)を処分したい…」

「ユンボ(バックホー)はレンタルにすることにしたので、手元のユンボ(バックホー)を売りたい…」

「新しいユンボ(バックホー)を買うため手元の重機を処分したい…」

とお困りではございませんか?

そんな方は是非、「出張買取24時」をお試し下さい!
24時間、365日、メール・お電話にて受付可能です!
東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県の全域へ出張しております!

ユンボ(バックホー)とは?

ユンボとは油圧式ショベルの呼称で、三菱重工業が1961年に国産した油圧式ショベルを「ユンボ」として販売した事が始まりです。その油圧式ショベルの性能が高く、国内で数多く販売された事で国内で油圧式ショベル=ユンボという呼称が浸透したようです。

ユンボとバックホーの違い

「ユンボとバックホーの違いがよくわからない!」というお客様が多いですが、基本的な違いは無く、油圧ショベル全般を意味しております。
バックホーとは、バケット(ショベル)が運転手側の方向に取り付けられている重機の事を指しております。運転手はバケットを動かす際、自分側(内側)に引き寄せるように操作するので、地面より低い場所での掘削作業に向いています。
バケット部分は色々なアタッチメントに変更できるので、掘削以外にも建物の取り壊し作業、鉄骨材の切断作業等様々な作業を行えます。ちなみに、バックホーという名称は、back(後ろ側)とhoe(鍬(くわ))が語源となってます。

宅配買取24時

高額買取対象製品

こちらはほんの一例ですが、各メーカーの重機を高額買取りしております。弊社に出張買取をご依頼の際は、ご依頼を頂く際にメーカー名をお伝えください。

コマツ

コマツは国内最大手の建機メーカーで世界2位のシャアを誇る、国内重機製造会社のパイオニア的メーカーです。
ユンボ(バックホー)にとって重要な油圧機器、エンジン、トランスミッション等の構成品を全て自社開発・製造している為、品質が良くユンボ(バックホー)等は圧倒的な国内シェアを誇ります。その為、型落ち、現行モデル問わず需要が高いメーカーですので、買取相場も高水準を維持しております。

高額買取例一覧

PC01-1、PC05-1、PC09-1、PC01-1、PC05-1、PC09-1、PC10MR-2、PC18MR-3、PC20MR-3、PC30MR-5、PC35MR-5、PC45MR-5、PC55MR-5、PC10UU-5、PC20UU-5、 PC30UU-6、PC30UUC-6、PC38UU-6、PC120-11、PC130-11、PC160LC-8、PC170LC-10、PC200(LC)-11、PC210(LC)-11、HB205(LC)-3、HB215(LC)-3、PC220(LC)-11、 PC230(LC)-11、PC300(LC)-11、PC350(LC)-11、HB335(LC)-3、HB365(LC)-3、PC400(LC)-11、PC450(LC)-11、PC490(LC)-11、PC600(LC)-8E0、PC600-11、PC650(LC)-8E0、PC650-11、PC700LC-11、PC800-8E0、PC850-8E0、PC1250-8、PC2000-8、PC78US-10、 PC128US-11、PC138US-11、PC228US(LC)-11、PC78UU-10、PC78USI-10、PC200(LC)I-11、PC300(LC)I-11

コベルコ建機

1999年に神戸製鋼の建機製造部門の下、販売会社としてコベルコ建機は設立されました。
クローラークレーンでは国内最大手のメーカーで、ユンボ(バックホー)ではコマツ、日立建機に次ぐ3番手のシェアを誇っております。
ユンボ(バックホー)においては、国内で先に出てハイブリット機種開発を行っており、最新モデルのSK200Hは低燃費で評判が高いです。

高額買取例一覧

SK005、SK005-3、SK007-5、SK007-6、SK13SR、SK10SR-2、SK15SR-3、SK17SR-3、 SK20SR-5、SK20SR-2、SK20SR-3、SK20SR-3E、SK25SR-2、SK27SR-3、SK27SR-3E SK27SR-5、SK30SRST-5、SK30SR-2、SK30SR-3、SK30SR-3E、SK30SR-5、SK35SR-2、SK35SR-3、SK35SR-3E、SK35SR-5、SK40SR-2、SK40SR-3、SK40SR-5、SK45SR-2、SK50SR-3、SK50SR-5、SK20UR、SK30UR-3、SK30UR-3E、SK30UR-5、SK38UR SK50UR-3、SK50UR-3、SK50UR-5、SK200H-9

クボタ

クボタは1890年に鋳物メーカーとして設立された、老舗日本メーカーです。トラクター等の農機が大変有名で、日本ではシェア1位、世界でも第3の指に入るメーカーです。農機、重機に搭載されている自社開発のディーゼルエンジン品質が大変高く、小型〜中型のユンボ(バックホー)は国内でも大変人気があり、需要が高い点が特徴です。

高額買取例一覧

U-008、U-10-3、U-17、U-20-3α、U-30-6、U-35-6、U-40-6E、U-55-6E、RX-153S、RX-205、RX-306E、RX-406E、RX-506、K-005-3、KX-57-6E

日立建機

1970年に発足したユンボ(バックホー)を主力とする総合建機メーカーです。日本ではコマツに次ぐ2位のシェアを誇り、世界でコマツ、キャタピラーに次ぐ3位の規模となっております。
製造拠点は茨城県に集中しており、重機の品質の高さと、アフターサービスの良さに定評があります。

高額買取例一覧

ZX8U-2、ZX10U-2、ZX15UR、ZX17U-5A、ZX20U-5A、ZX20UR-5A、ZX30UR-5B、ZX30U-5B、ZX35U-5B、ZX40UR-5B、ZX40U-5B、ZX50U-5B、ZX55UR-5B、ZX75US-5B、ZX75UR-5B、ZX120-6、ZX135US-6、ZX160LC-6、ZH200-6、ZX200-6、ZX200X-6

ユンボ(バックホー)が高価買取可能なワケ

重機専門買取店も数多くありますが、
私たち「出張買取24時」は専門店にも負けない、業界ダントツの高価買取に自信があります!

そのワケは…

店舗を持たないことでコストカット

展示用、買取窓口としての店舗をあえて持たないことで、店舗を維持する為のコストを大幅にカット。 その分を買取価格に反映しております!

海外を含めた販路の確保

仕入れたユンボ(バックホー)を、いかにスピーディに販売するか。在庫管理コストをカットするため、ネットを中心に、海外も含めた幅広い販路で、すぐに流通させています!
こちらの在庫管理コストをカットした分も、もちろん買取価格に反映させています!

プロの目

私たち「出張買取24時」のスタッフは、中古市場の相場、人気機種の推移、市場価格を常に調べております。
「お客様のお手元のユンボ(バックホー)」に、いかに「適正な査定額」を提示するか。
査定のプロが、お客様の重機の価値をしっかりと買取価格に反映させます!

★出張買取24時では、ブルドーザー、ユンボ、フォークリフトなど、重機全般の出張買取を強化しております。出張買取24時では常時、中古市場の流通相場や同業他社の買取相場を確認し、少しでも高く買取ができるように努めております

買取の流れ  STEP1:お申し込み→STEP2:おおよその査定→STEP3:本査定→STEP4:売買成立

詳しくはこちら
買取の流れ

お客様の声

詳しくはこちら

主婦35歳

子供がいるので夜の時間帯だと難しいことを伝えると、こちらの希望の時間に来てくれました。
引越しで家具家電一式の買取だったのですが、他社より高い金額をご提示いただきました。

会社員26歳

仕事で夜遅くの買い取り希望だったのですが、全く問題なく来てくれました。
夜間、仕事終わりの依頼には便利です。

会社員40歳

単身赴任が終わり一式処分したかったのですが、まとめて引き取ってくれたので非常に助かりました。
冷蔵庫や洗濯機、大物で自分で運ぶのも大変だったのでよかったです。

会社員24才

即現金支払いという点が非常に助かりました。
夜間等、通常ですと翌日になってしまう買取代の入金が直接現金で取引して頂けたので大満足でした。

Q:ショップに買取してもらうのは?
Q:査定金額はどうでしたか?
Q:他店に比べて良かった点は?
出張買取24時
査定フォームはコチラ

Facebook

NORTHVILLAGE(ノースビレッジ)のその他の事業

出張買取24時を運営する株式会社NORTH VILLAGE(ノースビレッジ)のその他の事業をご紹介します。